2011年05月26日

あの小阪裕司先生が「僕が書きたかったことが全てある」と言わしめた・・・

先日からセミナー募集を始めた岸★正龍さん。
知る人ぞ知る人ですが
ワクワク系マーケティング実践会の小阪裕司さんを知っている方は
岸さんをご存知の方も多いのではないでしょうか?



実は、今日から福岡に来ていて
ランチェスター経営の竹田陽一先生と晩ご飯を食べてきました。
竹田先生にも「次は誰呼ぶの?」
って聞かれたので
「岸★正龍さんです」
ってお答えしたら
「あ〜、名古屋のモンキーさんね」(正解:モンキーフリップ)
と(多少違いますが・)
ご存知でした。


その岸さんの著作である「超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・
この
 」あまあああ
アマゾンの本の内容紹介の部分がすこぶるステキです。
下の文章を読んでみて下さい。

出版社 / 著者からの内容紹介

キラーブランドとは、一言でいえば
「知る人ぞ知る存在でありながら熱狂的なファンを持つ、
小さいからこそガンガン儲かる無敵のブランド」のこと。

そして本書では、そのキラーブランドになるための
コアとなる商品・サービス作りから、
いくつかのプロセスを経て、
最終的にブランドとしてプロデュースするまでを、
著者の実体験をベースに具体的で、
わかりやすいステップ・バイ・ステップ・チャート
にしてすべてお見せします。

ブランド? 興味がないな。という前に、
以下の項目に一つでも当てはまる人は、ぜひ読んでみてください。
絶対に損はさせません!

◎小さな会社で、プライドを持って働いている人
◎お店を経営している人、これから始めたい人
◎低迷している売上げをなんとか伸ばしたい人
◎スタッフのマネジメントで頭を抱えている人
◎心から、たのしく仕事がしたい人
◎自分の人生を変えたい人

キラーブランドには、単に「売れる!」というだけでなく、
あらゆる問題を解決してしまうほど強力なパワーがあります。
なぜなら、それは著者の岸氏がすべて実際に体験してきたことだからです。

著者の岸★正龍氏は、多数のメディアでも紹介され、
東海地方を中心としたファッションに敏感な若者に絶大な人気を誇る
「アイウェア(メガネ&サングラス)」のブランド、「モンキーフリップ」の代表。
あの小阪裕司先生主催のワクワク系マーケティング実践会では、
グランプリおよびルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したという実力派。
さらに本書は、小阪先生をして、
「この本は、まさにボクが書きたかったことが、すべて書いてある!」
言わせしめた程の濃い内容。


コンサルタントではなく、現実のビジネスと日々戦っているからこそ語れる、
とことん「リアルな体験と実践的なノウハウ」がすべて詰め込こまれています。
読めば、あなたのビジネスに対する姿勢を変えてしまうほどパワフルな1冊です。  



ね、すごいでしょ。
小阪先生をして僕が書きたかったことが全てあると言わしめるなんて。
この岸さんの本はキラーブランドの構築法から
スタッフとの合宿まで本当にワクワク系の妙技が書かれています。


セミナーに参加できない方は
ぜひ、一度岸さんの本を読んでみて下さい。

そして、
興味がわいた方はこちらの日記の告知をご覧下さい。
 http://ameblo.jp/wakuwaku-newsletter/entry-10900452732.html   

posted by わくわくアトム at 23:22| 現在企画中のセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。